自分とコーディングの歴史

昔は、音楽バカで一時期はギター弾いてお金もらっていた時期もあります。
音楽に挫折して、目の前にあったのは、ギターとDTM用のPCだけでした、そこからPC業界へシフトしました。


軽い年表

1981年02月この世に生を受ける
1991年XX月PC8801でBASICをやるが意味不明、ゲームができると思っていた
1992年XX月自宅にNECの文豪7RXというワープロが来る、「かな」打ちの練習を行う
1994年XX月ギターのタッピングに憧れ音楽バカになる、シンセを通じて打ち込みを知る
1999年04月福岡の大学に入学し大学内のPCでネットサーフィン(死語)をやる
2000年09月HTMLと出会う。講義でとっただけなので、特に印象がなかった…
2002年01月gooの簡単HPとyahooのgeocitiesで趣味のHPを持つ、geocitiesで作ったページはcenterタグやら、headerがなかったりひどかった…
2002年10月cssに触れる、idとかclassとか激ムズで全然分からなかったorz
2003年03月無事大学卒業、上京しcssとHTMLは大体分かるようになり、エディタを知る
2003年05月PCスキルを本気でUPしようと思ようになりDelphiをやってみる→コピペで満足し結局分からなくて辞める
2003年08月VineLinxを入れてみた、Apacheの設定とかが全然分からない上に、perlが分からず心折れる。
2003年12月正規表現というか、エスケープシーケンスとパイプを覚えて、調子に乗る
2004年01月所謂この時代のwebデザイナー的な仕事をやりHTML/CSSの速度と正確さには自信を持つようになる。
2004年09月PCの扱いに慣れたと思い、派遣を辞めて、某企業に入社(それでもタッチタイピングができませんでした)
2004年11月日本語プログラム「ひまわり」でプログラムを再開。(理由は正規表現が簡単に使えたから)
2005年02月日本語プログラム「なでしこ」に変更する。
2006年01月仕事で、IIS+asp+Mysqlの環境を使うことになり、vbsを無理矢理やらされる。
2006年06月PHP(実際にはsmarty)と出会う、面倒な言語だと思う。この頃、弟子ができる
2006年09月javascript+formで色々webツールっぽいことをやる。
2006年10月NET界でも有数の人(名前は伏せます)と仕事をし天才を知る。
2006年12月個人用サーバーPCが支給され、3年ぶりにLinux(ubuntu)をやり、phpもやる。
2007年04月visualurubyに魅了されて、Rubyを覚えだす。
2007年07月ubuntuからFedoraへ変更、sqliteを覚えだす。
2008年01月Visualurubyや、phpを使った社内ツールを量産するようになる。こともあろうに、業務としてphpやMysqlなどを教えることにorz
2009年07年gimp用にschemeをやり、吐きそうになる。