bash

nkf

xargs nkf --overwrite -wx
uft8で上書き
xargs nkf --overwrite -sx
sjisで上書き

ファイル操作系

find . -type d -empty
空のディレクトリをfind
find . -type d -empty -delete
空のディレクトリを削除
find . -name "[0-9]????.txt" -exec rm {} \;
ファイル名が数値5桁のtxtファイルをを削除

文字列が不正で削除できない場合
rm -i *
該当ファイル時のみ「y」で削除
ファイル名の先頭が「.」の場合は「rm -i .*」で削除。

wget

pngファイルをとってくる
wget -A .png host名
ディレクトリーを指定して且つ、ローカルディレクトリにホスト名を付けて欲しくないとき
wget -nH host名
指定したディレクトリー以下、再帰的にとって来たいとき
wget -r host名
指定したディレクトリーの上(親parent)へはリンクをたどらない
wget -A .rb -nH -r -np host名

mount


testparm

samba

  • ubuntu
    • hostnameが自動的にPC名になっているので、samba等で共有した場合エクスプローラーにhostnameを入れるとそのまま飛んでくれる。
  • fedora
    • HOSTNAME=localhost.localdomainになっているので、sambaを入れただけじゃぁダメ。
    • windowsから見えなかったので、色々調べたらココと同じ症状
      • Linux上で[アプリケーション]->[ネットワークデバイスのコントロール]->[設定]で一度LANインターフェイスを停止させてから再起動。 参考URL

fedora

#yum install samba
#useradd hoge
//useraddがnot foundの時は /usr/sbin/useradd にする。pathが通ってないってことね。
#passwd hoge
//passwordを作る
#pdbedit -a hoge
#vi /etc/samba/smb.conf
[global]
load printers = no #プリンタの共有をやめる
disable spoolss = yes #プリンタの共有をやめる
[hoge]
  comment = randd
  path = /opt
  read only = no
  browseable = no
#/etc/rc.d/init.d/smb start
#chkconfig smb on

samba化したLinux共有ディレクトリを別Linuxでmountする

mountコマンド

mount -t cifs //host/dir /mnt/dir -o username=$user,password=$pass

面倒なのでfstabに設定

//host/dir  /mnt/dir cifs  username=$user,password=$pass,defaults 0 0

Linux同士のmount

参考URL

共有サーバー側の設定

#vi /etc/exports
/opt/lampp/var/mysql 192.168.XXX.XX2
#192.168.XXX.XX2からのマウントを許可する
service nfs restart
#/etc/init.d/nfs-kernel-server restart(ubuntu)

クライアントLinux側設定

# mount -t nfs 192.168.XXX.XX1:/server/dir /mnt/hoge
#NFSサーバが192.168.0.7の場合
# cd /mnt/hoge
# ls

/etc/fstabに書いておくと楽

192.168.XXX.1:/server/dir     /mnt/hoge      nfs    defaults        0 0

ffmpeg

ffmpeg -y -i hoge.flv -acodec mp3 -ar 44100 -ab 192 hoge.mp3